メニュー

ED治療薬の比較

 ed_comparison

 

バイアグラ

レビトラ

シアリス

成分 シルデナフィル バルデナフィル タダラフィル
形状

青いひし形

バイアグラ錠

オレンジ色の丸型

レビトラ錠

黄色の涙型

シアリス錠

用量 25mg、50mg
ファイザー
※25mgは取り扱っていません。
5mg、10mg、20mg
バイエル薬品
※5mg、10mgは取り扱っていません。
5mg、10mg、20mg
日本新薬
※5mg、10mgは取り扱っていません。

料金

50mg 1錠 1,500円 20mg 1錠 2,000円 20mg 1錠 2,000円
特長 ED治療薬として世界で初めて製品化された薬。世界的に有名で安心感がある。短時間でガツンと効くスポーツカータイプ。 水に溶けやすい性質上、一番速効性がある。バイアグラと似て短時間でガツンと効くスポーツカータイプ。 バイアグラやレビトラと比べてマイルドな効果で自然な勃起になる。じわじわと長時間作用する長距離バスタイプ。長時間作用する分、ほてりなどの副作用の出方は弱め。
服用 性行為1時間前
空腹時は30分程度で作用
性行為1時間前
空腹時は20分程度で作用
性行為3時間前
作用 5時間程度 20mgは10時間程度 20mgは30~36時間
注意 食事と併用すると効果半減の可能性あり。空腹時又は、食後2時間後の服用がお勧め。
※食後服用の場合、あっさりしたもの腹7分目程度に抑えます。
食事の影響は受け難いが条件あり。[ 詳細 ] 空腹時又は、食後2時間後の服用がお勧め。※食後服用の場合、あっさりしたもの腹7分目程度に抑えます。 食事の影響は受け難いが条件あり。[ 詳細 ] 空腹時又は、食後2時間後の服用がお勧め。※食後服用の場合、あっさりしたもの腹7分目程度に抑えます。
お酒 適量であれば可。 適量であれば可。 適量であれば可。
副作用 顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなど。
※9割以上の方に現れます。
顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなど。
※9割以上の方に現れます。
頭痛、潮紅、ほてり、消化不良、背部痛、筋痛、鼻づまり、四肢痛など。
※3割程度の方に現れます。
併用禁忌薬 バイアグラの併用禁忌薬 レビトラの併用禁忌薬 シアリスの併用禁忌薬
硝酸剤を使用中の方 × 処方不可 × 処方不可 × 処方不可
不整脈の方 アンカロン錠、アミオダロン塩酸塩を使用していなければ処方可。 こちらに記載の抗不整脈薬を使用している場合は処方不可。 治療により管理されていれば処方可。
抗真菌薬を使用中の方 ○ 処方可 こちらに記載の抗真菌薬を使用している場合は処方不可。 ○ 処方可
HIV治療薬を使用中の方 ○ 処方可 × 処方不可 ○ 処方可
網膜色素変性症の方 × 処方不可 × 処方不可 × 処方不可
血液透析中の方 ○ 処方可 × 処方不可 著しく効果が増強するため、薬剤を割って5mg、または10mgを慎重に投与。要経過観察。
心筋梗塞の既往歴がある方 発症後6ヵ月以上経過していれば処方可。 発症後6ヶ月以上経過していれば処方可。 発症後3ヶ月以上経過していれば処方可。
脳梗塞・脳出血の既往歴がある方 発症後6ヵ月以上経過していれば処方可。 発症後6ヵ月以上経過していれば処方可。 発症後6ヵ月以上経過していれば処方可。
低血圧の方 最大90mmHg未満、または最小50mmHg未満は処方不可。
※薬で正常値にコントロールされていれば処方可。
最大90mmHg以下は処方不可。
※薬で正常値にコントロールされていれば処方可。
最大90mmHg未満、または最小50mmHg未満は処方不可。
※薬で正常値にコントロールされていれば処方可。
高血圧の方 最大170mmHg以上、または最小100mmHg以上は処方不可。
※薬で正常値にコントロールされていれば処方可。
最大170mmHg以上、または最小100mmHg以上は処方不可。
※薬で正常値にコントロールされていれば処方可。
最大170mmHg以上、または最小100mmHg以上は処方不可。
※薬で正常値にコントロールされていれば処方可。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME